2010年 10月

音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より移行中です。

あ:それで、PAエンジニア(音響)に興味のある私はどうしたらいいんでしょうか。。。

師:まずは、
   ・本やネットで調べる
ステージ&ライティングの現場volume05 照明、美術、音響プランナーが明かすステージの魅力…/リットーミュージック出版部


   ・ライブハウスで実際に働いている人や、専門学校・スクールの
    体験入学やオープンスクールで直接プロの人に聞いてみるのが一番。
   ・ライブハウスで何かバイトしてみる。

  何も知らないと不安じゃろ??
り:そりゃそうっス。
け:知らないから、思い切って目指せる、というのもあるかも。。(^_^;)

師:とにかく、事前に「自分の将来の仕事」について、真剣に調べることじゃ。

ま:それで、私はどうしたらいいんでしょうか。。。
師:音楽専門学校では入学時に「○○科」「○○コース」のような形で方向性を
    決めなければいけないが、ほとんどの子は、「その仕事が
  どんな仕事なのか」をまったく知らずに来る。

    だから、最初の2週間くらいで「なんか違うかも」
  と気づく子も少なくない。

わ:学費を払ってしまった後でそれはキツイっすね。
ま:ボーカルは?
:「何も楽器ができないからボーカル」
  「カラオケ好きだからボーカル」という気楽な子

   が目立つな。でも、「お手本」がある曲をカラオケで歌うのと、誰も聞いたことがない新曲を
   「自分の歌」として作っていくことは、全く別物なんじゃ。
り:でも、メロディーに歌詞をつければ「歌う」ことはできるような。。
わ:そうか、ベートーベンやモーツアルトの有名な曲でも、指揮者やピアニストによって
    雰囲気が全然違うもんな。
ま:ピアノでも習って練習すれば、誰でもそこそこ難しい曲も弾けるようになるけど、
   プロ人からは特に気迫というか、グっと迫ってくるものがあるしね。。
師:同じ譜面でもちょっとした解釈しだいで曲の印象はガラっと変わるし、
   何よりも演奏者の内面・人間性や「メッセージ性」は小手先の技術ではカバーできんよ。
:「説得力」ってやつですね。ボーカルではなおさらか。肉声だもんな。
ま:アタシの人間性なら最高だと思うけど!
わ:もう誰もコイツを止められない。。。
師:声も楽器演奏も起点は「筋肉を自由自在に操れるかどうか」じゃからな。
   アスリートと同じで、練習で鍛えられたボーカリストの声は、引き締まってキレがある。
   まずはそこまで持っていくことじゃな。
ま:アタシ毎日4時間カラオケ行ってるよ!
り:曲選んでしゃべって順番待ちで、結局自分が歌ってるのは30分くらいだけどな。。。
ま:う。
師:専門学校も似たようなもんじゃがな。
    1クラス8人としても一人1曲歌ったら40分たってしまうからのぉ。
わ:なるほど。やっぱり「鍛える」ところは個人練習なんですね。
師:授業は「自分の現状を先生に指摘してもらって、
    次の練習のアイデアをもらう場」くらいじゃな。
ま:ピアノも確かに週一回30分のレッスンだったけど、毎回「次までに練習してきてね」って言われたなぁ—。
り:授業に出るのは当たり前。
  でもそれだけじゃ上手にならない、
ってことか。
師:まぁ普通、仕事といったらどんな仕事でも月曜日から金曜日まで毎日8時間くらいい
   じゃから、プロのミュージシャン=
    人前で毎日8時間以上演奏して(聞かせて)
  お金を稼ぐ
人、ということになるな。。。
け:毎日8時間???
り:30分くらい練習して「指痛ぇ」とか言ってる場合じゃないぞ!
アキ:個人練習の時間はさらに別ですよね?
師:そりゃそうじゃ。誰がそんなものにお金を払ってくれるんじゃ!
    でも、本番でお金を払ってもらえるような演奏をするためには、
    相当な個人練習が欠かせないのぅ。
    中国の京劇(古典劇)は厳しい練習で有名じゃが、こんなことわざがあるぞ。
    「練習を1日休むと自分が分かる。
     2日休むと共演者に(演技が下手になっていることが)気づかれる。
     3日休むと観客が怒り出す」
ま:怖~っ!
わ:やっぱり楽譜も読めた方がいいんですか?
師:読めなくても、「一回耳で聞いただけですぐに全く同じように歌える」「完璧にハモれる」
   くらいのことができれば結構乗り切れるが、読めた方が良いに越したことはない。特にプロの
   世界ではハーモニーやコーラスワークが大事なんじゃが、全く譜面を考えないと効率が悪い。
   1-2年がんばって勉強すれば、「初見バッチリ」までは行かなくても、メロディを追っかけたり、
   メロディをピアノでゆっくり確認したり、くらいはできるようになる。
   この後、60歳まで40年くらい働こうと思ったら、それぐらいはやっておくもんじゃな。
ま:ハーモニーということは、コードの勉強も必要ってことか。。。
師:最低限で十分じゃがの。まぁ「プロのミュージシャン」として恥ずかしくない程度にな。。
け:ギター科とかは?
り:お、いつの間に復活?
師:半分は専門学校に入る時にギターを買うような子じゃな。
   残りは「高校時代にバンドやってた」くらいで、たまに少し上手な子がいるくらいじゃな。
け:ホっ。
ま:あはは、いきなり安心してる。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽専門学校の選び方3 学費どうする?
  -音楽専門学校の奨学金- 

※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より移行中です。
  
わ:新聞奨学生とか聞いたことあるけど。
ま:新聞小学生??新聞をよく読む小学生?
わ:「奨学生」-住み込みで新聞配達で奨学金を稼ぐやつ。
り:朝早そー!
師:まぁワシの知っとる限りでは9割ぐらいは挫折しとるがな。
   深夜一時か二時くらいからチラシの折込を始め、配達が終わったら
   朝六時。9時に学校に着いて、夕方まで授業。人によっては夕刊配達
   や集金もあるし、自由に休める訳でもないからな。
   奨学生といっても、立派に仕事だから、やり抜けば相当な自信になると
   思うがのぅ。。。
あ:大変そう。。。
ま:挫折って?
師:1年生の9月くらいから学校に来なくなるか、配達がキツくて奨学生の方を
   辞めるかじゃな。どっちにしろ、かなりの精神力があるか、しっかり「目標」を
   持ち続けるかしていないと、続けるのも奨学生を辞めた後、立て直すのも難しいのぅ。
わ:「目標」かぁ。
ま:「目標」ねぇ。。
あ:「目標」。。。
り:。。。あれ?ケンジは?
ま:あっちで暗~くなってますがな。。。
師:まぁ誰にとっても2年間の長さは同じじゃ。スタートの時点で何も知らないことも。
   じゃが、その2年間で実力をつけ、経験を積み、しっかり音楽業界に潜り込む子もいれば、
   華々しくデビューする子もいる。一方でほとんど学校にも来ず、経験も積めず、
   卒業せずにフリーターになるか、卒業しても実家に帰るだけの子も多い。
わ:音楽専門学校卒じゃぁ、音楽業界以外への就職は不利なのかな?
あ:最近は普通の高校でもコンピューターの授業とかあるけど。
師:音楽業界といっても楽器を弾く仕事ばかりでもないからのぉ。
   むしろ楽器を弾く仕事の方が少数で、それをサポートしていく仕事の方がずっと多い。   ディレクターやプロモーター、CD販売やWebサイト管理などいろいろな仕事がある。
   それらの仕事だと、ワード、エクセルでの資料作成やイラストレータ、フォトショップ
   などでのデザイン的な作業もある。社会人として電話やメールでビジネス会話ができなければ
   仕事にならないし、大手レコード会社では、社員の7割はCDのプレス工場でプレスや組み立てを
   する人だったりする。広告・放送も音楽業界とはつながりが深いし、音響機器や楽器メーカーだけでなく、
   最近ではアップルのようなコンピューターや携帯電話会社も音楽と密接な関係になってきた。
ま:ふーん。
わ:裏方かもしれないけど、確かに音楽聴くのってほとんどiPhoneかiPodだし。
り:CM音楽の仕事ってどんなのかなぁ?
あ:デザイン系の仕事もおもしろそうだけどなぁ。
師:いろいろ興味が出てきたじゃろう。TVやCMの映像に音を貼り付けるMA(エムエー)なんて仕事も
   ある。デザイン系では最近電子書籍が注目されているので、出版業界でも文字と写真だけでなく、
   映像や音響をプラスしたマルチメディアクリエイターが求められている。
ま:ハイパーメディアクリエイター?
わ:うーん、単語だけで食いついてきたな。。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽専門学校の選び方2
   -音楽専門学校を考える-


※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より、移行中です。
----------—-@師匠のスタジオ----------—-
け:師匠!ち~っす!
師:よく来たのぅ。おお、大勢じゃな。
わ:いきなり「師匠」?
け:ライブハウスのマスターもPAさんも「師匠」って呼んでたんで。。
師:どちらもワシの教え子じゃからのう。
ま:へぇ~、じゃぁ本当に先生なんですね。
師:学校に限らず、個別にコンサルティングもしているからのぅ。
   いろんな形での教え子たちが、いろんな場所で活躍してるのは嬉しい限りじゃ。。
け:師匠!お土産です!
師:おぉ、若いのに気が利くのぉ。やっぱり舟和の「芋ようかん」は絶品じゃ。。
り:け、やるな。。。
わ:いや、なんかマスターに「あの人は甘いものにめっぽう弱い」って教わったらしいぜ。。            
り:なんだそりゃ。。。

【PAエンジニア(ホール音響)になるには?】


師:それで、今日は何を聞きに来たんかのぉ?
あ:実は、PAの仕事に興味があって、でも、どんな仕事かも知らなくて。。。
師:まぁそんな子ばかりじゃからな。普通普通。あせる必要は無いよ。。
   でも、音楽の専門学校は2年で200万円近くかかる。
け:えっ、そんなに?(汗)
わ:お前が知らなかったの?
け:そ、それぐらいは知ってたさ。。。。。
り:「バイトしとけばなんとかなる」って言ってなかった?
あ:下宿することも考えたら朝から晩までバイトしてなきゃね。。
ま:そしたらいつ学校行くの?
け:意外と鋭いな、マイコ。
わ:授業以外でも練習とかライブとかしないとしょうがないしな。。。
け:え、学校でやったらいいんじゃないの?
り:さすがに学校だけじゃ厳しいんちゃう?
あ:け、練習嫌いだしね。。。
け:う。。。

【音楽専門学校の授業料、1コマいくら?】


師:ちなみに「授業1コマあたり何円?」って考えたことはあるかな?
わ:いくらぐらいなんだろう?
あ:1日に授業は50分授業が4コマくらい?
ま:授業は週に5日で5日×4コマ=20コマ。
り:1年は52週だけど、夏休み冬休み春休みがあるから、、、授業があるのは30週くらい?
け:20コマ×30週で、、、、俺ムリ。
わ:あきらめるな!け!割り算はムリでも掛け算くらいがんばれ!
ま:どんな励ましやねん。。。
あ:1年の授業料100万円を、年に600コマで割るってことは、1万円で6コマだから、
   1コマあたり1,666.666円か。
り:さすが!
ま:結構高いね。アタシのバイト時給の2倍か。
わ:授業受けなきゃモッタイナイな。
あ:このブログには、音楽の仕事がしたい!デビューしたい!という皆さんが音楽専門学校に入る前に、もっと音楽の仕事について知ってもらうための記事がたくさんありますので、しっかり読んでくださいね。
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! = 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~
音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事を知ろう① -まずはやりたいことを見つけよう-
音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
音楽の仕事を知ろう④ -プロのミュージシャンになるには?-

後悔しない音楽専門学校の選び方1
-まずはやりたいことを見つけよう-


※本記事は音楽業界(裏方)志望者向けブログ「音楽の仕事!」より移行中です。

ま:そろそろ進路相談の時期だよね~。ダル~。みんなはどーすんの?
あ:いや~まったく考えてないわ~。言うても大学行けるほど頭良くないしな~
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
あ:コラ!そこ!力強く頷かない!
わ:アキぐらいだったら行けるんじゃね?最近少子化だしな。
あ:大学行って「何がしたい」ってのが無いんだよね~。
り:確かにそうだなぁ。うーん。
あ:コラ!そこ。。。は、みんな同じか。。。
け:俺はプロのギタリストとしてデビューして、
   ロック☆レジェンドになるんだ!
ま:は?あったまおかしんじゃない?
わ:こないだのライブもお客さん、メンバーより少なかったじゃん。
け:グサっ。
ま:まぁメイクの時間より練習の時間を増やした方がいいかもね。。
け:グサグサっ。
あ:うらやましい。。。
ま:え?
あ:ケンジがうらやましいな。。。「やりたい!」ってものがハッキリしてるっていいな。。。
け:ま、まぁさ。俺なんてアホだし、他にできることなんて無いしな!
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
ま:アタシもこの美声とこの美貌があれば、ヴォーカリストとして世界制覇も夢ではないわね–。。
あ:あれ?マイコ、どうしたの?
わ:なんか変な影響受けてるな。急激に。
け:よし、マイコ!俺と組んで世界に羽ばたくか!
ま:もっと上手い人がいい。
け:グサグサっ。
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
あ:マ、マイコ。。。い、意外と冷静ね。。
わ:マキ、なんかやってみたいことないのか?
ま:実は、ライブ会場で機械触ってるのカッコいいな、って思ってるんだけど。
け:PA(ぴーえー)さんだな。
ま:音響の人?難しそう。。。。
り:あーゆーのって音楽専門学校とか行くんでしょ?
あ:あ!
ま:なになに?
あ:リョウが初めて「確かにそうだなぁ。うんうん。」以外のセリフをしゃべった!
り:そこかい!
わ:まぁ音楽の仕事って裏方も入れたら相当いっぱいあるらしいしな。
ま:とは言え、親にそんな事言ったら、、
   「芸能界なんてケシカラン!」とか
   「華やかな世界で変な虫がつく」とか、、、
ま:「アーチストでお前なんか成功するわけがない」とか
    「若いうちだけだ」とか、、、
け:「ミュージシャンなんて収入も不安定」とか
    「お前のの実力じゃ無理」とか、、、
り:最後のは確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
わ:正直、音楽の仕事がどんなもんなのか
   ぜんぜん知らないしな。。。
あ:説得するにしても、あまりにも知らなさ過ぎる。。。
ま:アタシの才能には誰も気づいてくれないし。。
り:あいつは放っておこう。。
け:オホン!実は、こないだライブハウスでメジャーのレコーディングしてたって
    エンジニアの人を紹介してもらったんだんだ。。
あ:へぇー、そんな人いるんだ~?
わ:実際、音楽業界の人なんて会ったことも無いしな~。
け:その人なら何か教えてくれるかも。
ま:その人ならアタシの才能を見逃すはずがないわ。。。(キラーン☆)
り:あいつは放っておこう。。
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! = 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~
音楽の仕事を知ろう
後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

デモテープの作り方5 -バンド録音-


【バンド録音にかかる時間】


け:待ってました!
  で、バンド録音するにはどれくらいの時間がかかるんですか?
師:1.楽器の搬入・サウンドチェック 30-60分
  2.練習がてら伴奏を1テイク録音 5分
  3.練習テイクを聞いてみる(プレイバック) 5分
  4.本番を2-3テイク録音 15-20分
  5.本番テイクを聞いてメインになるテイクを選ぶ 15-20分
  6.上手くいっていない場所を他のテイクと差し替え編集か、
    差し替え録音(パンチイン) 20-30分
  7.あれば追加の楽器録音(ギターソロなどダビング)20-30分
  8.ボーカルの録音 60-120分
  9.あればコーラス録音(ダビング)20-30分
  10.ミキシング 30-120分
  11.確認で聞いてみる 5分
  12.CD-Rに焼いてもらう 5分 
    計7-8時間。
  このうち、7.まで終わって、カラオケが完成した状態を「オケ完」と言う。
  2.~5.はベーシックトラックと言って、基本的にはボーカル以外のメンバー
  全員で一緒に演奏する。
り:こ、こんなにかかるのぉ~?
わ:実際には人数多いと、移動とか確認でもっと時間かかりそう。。
あ:1.楽器の搬入・サウンドチェック が結構長いですよね。
師:うむ。ドラムを組むのにも時間がっかるし、ドラム録音があると、
   8-12本のマイクを立てるので、どうしてもセッティング時間が長くなる。
   ただし、1日で1曲以上録音するときは2曲目以降(だいたい)省略できる。
け:ということは、
り:ボーカルは後回しにして、
わ:1.+2.~6.か7.までを2曲なら10時間で終わりそうってことか!
あ:計画が大事ね。

【全員一緒に演奏する時、楽器の音がまざらないようにするには?】


け:でも、全員一緒に録音かぁ。。。
ま:あ!それでレコーディングスタジオって部屋がいっぱいあるのか!
師:そうじゃ。部屋同士を仕切って、他の楽器音が混じる(「カブリ」と言う)を
   防ぐんじゃ。
り:でも、近所のリハスタには、1つしか演奏できる部屋が無いっす。
わ:その時はPODとか使うんじゃね?
あ:ライン録音ってこと?

LINE6 POD X3 Pro【送料無料】

LINE6 POD X3 Pro【送料無料】
価格:88,200円(税込、送料込)




師:レコーディングソフトにはAmpFarmというプラグインもあるんじゃ。
   音質的に物足りなければ、ベーシックトラックが終わったあとで、
   アンプを鳴らして録音したものに差し替えればよい。
ま:そうすればちょっと時間は追加になるけど、近所の安いスタジオでも録音できる!

【便利なPOD ただし、欠点もあるので注意!】


師:便利だが、PODなどには「レイテンシ」と言うものがあって、ギターを弾いた後、
   実際に音が出てくるのが遅れる。音が遅れてくるので、それを聞いて演奏する
   人は焦って「走る(演奏が周囲より早くなること)」ことになってしまうなどの
   副作用がある。また、PODのチューナーは精度が低いので決して使ってはいかん。
   最近のものはどちらも改善してきているようじゃがのぅ。。
け:えぇ~っ!そうだったのか。。。
師:聞いて分からないのが不思議なんじゃが。。。

オーディションに合格するデモテープの作り方特集


デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-
デモテープの作り方5 -バンド録音-
オーディション用デモテープの作り方–まとめ1–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ2–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ3–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ4–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ5–
オーディションに合格する方法 ~まずはデモテープの審査方法を知る①~

——————————————–

プロのミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作への道は、無料の資料請求からスタート!

ビジュアル・クリエイターを目指すなら!

デジハリ・オンラインスクール

東京や大阪に行かないと、音楽やダンス・声優の勉強はできない?
あきらめないで!ここで探してみよう!

全国最大級6万件の資格・講座・スクール情報掲載のグースクール

楽器、DTM、DAW、レコーディング、宅録、PA、照明機器のまとめ買いなら、たいていサウンドハウスが最安値
サウンドハウス
音と光の国内最大総合デパートサウンドハウス

デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-


【曲数は2曲がオススメ】


け:やっとデモ作成ですね!
り:まず曲数ですか?
ま:やっぱり私の魅力を余すことなく伝えるにはフルアルバム!
け:いきなりは無理じゃね?
あ:時間も費用もかかるし、、
わ:前回までの「練習」って意味では、やってるうちに上手くなるとは
    思うけど、一枚のアルバムの中でクオリティがバラバラになっちゃうんじゃね?
り:なるほど。。。
師:お勧めは2曲。その代わり回数を増やす!理由はまた別のときに説明しよう。。。

【レコーディングの時間と費用 ソロボーカルの場合】


ま:実際、時間とかお金とかどれくらいかかるんですか?
師:そうじゃのう。。。。
    マイコゃんのようにソロ・ボーカルの場合、
    既成のカラオケ1曲にボーカルを乗せるとして
    1.カラオケをMTRにコピー 5分
    2.ボーカルを練習がてら1テイク録音 5分
    3.練習テイクを聞いてみる(プレイバック) 5分
    4.本番を2-3テイク録音 15-20分
    5.本番テイクを聞いてメインになるテイクを選ぶ 15-20分
    6.上手くいっていない場所を他のテイクと差し替え編集か、
     差し替え録音(パンチイン) 20-30分
    7.あればコーラス録音(ダビング)20-30分
    8.ミキシング 10-20分
    9.確認で聞いてみる 5分
    10.CD-Rに焼いてもらう 5分 
    計2-3時間かな。
  メジャーではメインボーカルだけで6-8テイク録音するし、
  コーラスも多いので歌だけで丸1日かけることが多いがのぅ。
け:へぇぇ~。
り:実際には歌う部屋とミキサーがある部屋を行ったり来たりする移動時間も
    かかりますよね?
わ:インターネットで見ると、練習スタジオ系のところでは
  「ボーカル録音パック」等で¥5000~10000くらいが相場かな。
  2曲とすると、¥10000~¥20000か。。。
あ:DAMなどのカラオケ屋さんで録音してもらうより、お金はかかるけど、
  ・音質はバッチリ!
  ・取り直しもできるので、納得のいくデモテープが作れる!
  というのは、圧倒的に有利ですね。

【セルフプロデュースはプロでも難しい】


あ:け、結構3.5.9.と「聞いてみる(プレイバック)」って長いんですね。
師:雰囲気をつかむため、という意味もあって、テストは自分で聞く方が
   良いようじゃな。しかし、それ以降についてはプロデューサー/ディレクター
   を別途頼んでおけば
、後で全部を聞き返す必要は無い。
   プロのディレクターは、録音しながら歌詞カードに全トラックの良し悪しを○×でつけていって、すぐに差し替え作業に移ることが出来る。
り:す、スゴイですね。
ま:採点されてるみたいでヤだー!
あ:効率良くやらないと、時間がかかってもクオリティが上がらないって事ね。。
わ:ボクらでもディレクターってできるんですか?
師:いきなりは無理じゃな。編集やパンチインした結果どうなるか?をイメージ
   できないと、そもそもOKトラックが作れないし、ピッチ/リズム/ニュアンス/声質
   全てを総合して判断していかなければならない。
   レコード会社のディレクターでも、入社して数年は、先輩ディレクターの
   そういう作業を見させてもらって感覚をつかんでいくんじゃ。
け:数年か。。
あ:しかも、プロだからほぼ毎日ですもんね。
師:しかも毎日14時間じゃ。。。
り:ひぇぇっ!そこらのスタジオの人じゃできない?
師:ちなみにプロデューサー/ディレクターとレコーディング・エンジニアは基本的には
   分業で、エンジニアは基本的には音質や音量以外のところには関与しない。
   音楽的な教育もそんなに受けてないし、コードもバッチリって訳でもない。
   もちろん兼任できる人もいる。
け:バンド録音は次回!

オーディションに合格するデモテープの作り方特集


デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-
デモテープの作り方5 -バンド録音-
オーディション用デモテープの作り方–まとめ1–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ2–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ3–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ4–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ5–      



——————————————–

プロのミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作への道は、無料の資料請求からスタート!

ビジュアル・クリエイターを目指すなら!

デジハリ・オンラインスクール

東京や大阪に行かないと、音楽やダンス・声優の勉強はできない?
あきらめないで!ここで探してみよう!

全国最大級6万件の資格・講座・スクール情報掲載のグースクール

楽器、DTM、DAW、レコーディング、宅録、PA、照明機器のまとめ買いなら、たいていサウンドハウスが最安値
サウンドハウス
音と光の国内最大総合デパートサウンドハウス

デモテープの作り方③ -レコーディングで得られるもの-
わ:師匠!たいていの人は「デモテ作る」と決めてからこのページを読んでいると
    思います。
り:ナイスなツッコミ、ありがとう!
師:まぁまぁ、ここまでの話がいろんな場所に影響してくるからの。
   忘れないでほしいのは、
  「レコーディングは、その後のバンドの成長に大きな影響を与える」
   という事じゃ。特にレコーディング・エンジニアやプロデューサーという
   「第三者」であり、「しかもプロ」
という人たちと「自分たちを見つめ直す」
   過程はとても重要じゃ。
あ:そう考えると、最初の3回は成長のための「練習」
け:残りの3回で「勝負」!
わ:と、割り切った方が良いってこと?

【レコーディングではヘッドホンとメトロノームが必需品】


ま:確かにレコーディング自体が難しそうだし。。。
り:よく「ヘッドホン」して歌ってるのをテレビで見るよね。
    あのソニーのやつ!

 SONY / モニターヘッドフォン MDR-CD900ST

 SONY / モニターヘッドフォン MDR-CD900ST
価格:18,900円(税込、送料別)



あ:カラオケだと、スピーカーで聞きながら歌うもんね。。
わ:他の楽器はメトロノームに合わせて録音するんですか?
け:ギクギクっ!
師:メトロノーム無しでも録音できなくは無いが、「パンチイン」などの
   部分差し替えや編集がほとんどできなくなってしまうんじゃ。
   「細かい修正がしにくい」ということじゃ。
わ:なるほど。

【レコーディングで勉強になることは多い】


師: 他にも、レコーディングでは
   ・楽器のチューニング、メンテナンス
   ・譜面の書き方
   ・アレンジの組み立て
   ・コーラスの組み立て
   ・曲を「○○っぽく」ではなく自分(たち)らしくする
   など、「本来ミュージシャンとして知っているべきだが、誰も教えてくれない」
   ことを実地で体験する良い機会じゃ。
あ:そんなに。。
け:確かに俺たち、何にも知らないもんな。
ま:最初のうちは「授業料」として割り切る?
り:エンジニア次第なんだろうけど。
師:最初のうちは自分たちの音にも演奏にも自信が無いじゃろうが、
  一回「ちゃんと」レコーディングしてみれば、自分たちの「何が足りていて
  何が足りていないか」は、特に説明されなくても自分たちで痛感するよ。
ま:あイタタ、痛そう~。
わ:でも、だんだんと「こうすれば、CDになった時、こうなる」というのが
   自分たちで想像できるようになる、ってこと?
あ:逆に宅録だったり、あまりに安くレコーディングしてショボイものが出来ても、
   「安かったから」って言い訳できて、自分たちの現状がちゃんと見えない? 
け:今までは「自分たちが基準」か、せいぜい「友達や対バンが基準」だったけど、
  ちゃんとCDの形になると一気に「プロ基準」になっちゃうもんなぁ。。
り:草野球では130km/hのボールを投げればエースピッチャーでも、
    プロ野球にいったら二軍以下だろうしな。。。
ま:続きは次回!

オーディションに合格するデモテープの作り方特集


デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-
デモテープの作り方5 -バンド録音-
オーディション用デモテープの作り方–まとめ1–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ2–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ3–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ4–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ5–
オーディションに合格する方法 ~まずはデモテープの審査方法を知る①~

——————————————–

プロのミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作への道は、無料の資料請求からスタート!

ビジュアル・クリエイターを目指すなら!

デジハリ・オンラインスクール

東京や大阪に行かないと、音楽やダンス・声優の勉強はできない?
あきらめないで!ここで探してみよう!

全国最大級6万件の資格・講座・スクール情報掲載のグースクール

楽器、DTM、DAW、レコーディング、宅録、PA、照明機器のまとめ買いなら、たいていサウンドハウスが最安値
サウンドハウス
音と光の国内最大総合デパートサウンドハウス

成功するバンド活動の仕方2. -「趣味」か「投資」か?-

※この記事は成功するバンド活動の仕方1 -「ミュージックだけどビジネス」-(1年でメジャーデビューする方法)に移転しました。

目的 応募用か、無料配布用か有料販売用か。
時期 季節とかワンマンライブに合わせる、といった視点と、
    バンド結成○年目、メンバーは○才、動員は○人といった
     バンドの成長過程の中でどういう時期か、という視点との2つを考える。
ターゲット オーディションならレコード会社や音楽出版社のディレクターも
    あるが、最終的にどういう層のエンドユーザー(最終購買者)を狙うのか。
予算と利益・出資者
       CD-Rにするか、プレスCDにするかも自ずと決まってくる。
       プレスするならマスタリングも必要じゃ。
一番重要なのは、予算をたてずに「なるべく安く」だけでやってしまわないこと。
「安かろう悪かろう」
【そのデモテープ製作は趣味?投資?】
それは「趣味」であり「消費」に過ぎないということじゃ。
ビジネスではお金を払うことは「投資」。レコーディングの回数は限られている。
予算をたてて、どういう成果を目標にするか決めておく。
目標によっては赤字でもやるべきものもある。
アマチュアバンドの平均寿命は3~3.5年
【自分(達)に投資できる?】
「なるべく安く」って自分のバンドに投資できないってこと
自分たちで自分たちに投資できない(魅力が無い、か、可能性が感じられない)のに、
  他の人に「投資して」ってお願いするのも変な話

成功するバンド活動の仕方2. -「趣味」か「投資」か?-

成功するバンド活動の仕方2. -「趣味」か「投資」か?-

成功するバンド活動の仕方


成功するバンド活動の仕方1 -「ミュージックだけどビジネス」-(1年でメジャーデビューする方法)
成功するバンド活動の仕方2. -「趣味」か「投資」か?-(1年でメジャーデビューする方法)

バンドでメジャーデビューする方法1
バンドでメジャーデビューする方法2
バンドでメジャーデビューする方法3

オーディションに合格するデモテープの作り方特集


デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-
デモテープの作り方5 -バンド録音-

オーディション用デモテープの作り方–まとめ1–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ2–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ3–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ4–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ5–
オーディションに合格する方法1 ~まずはデモテープの審査方法を知る~

成功するバンド活動の仕方1 -「ミュージックだけどビジネス」-

※この記事は成功するバンド活動の仕方1 -「ミュージックだけどビジネス」-(1年でメジャーデビューする方法)に移転しました。

無料配布のCDを配る
デビューするにはデモテープが必要
実際、お金ってどれくらいかかるんだろうな。
・何曲入れるか、  とか、
・ジャケットはどうするか  とか、
・オーディションに応募するのか  とか、
【モノづくりの基本】
デモ音源とは言え、「モノづくり」
「モノづくり」の手法に従わないと、なかなか上手くいかない
1.目的/コンセプト
2.時期
3.ターゲット
4.予算と利益・出資者
5.内容 
「戦略」をまず立てないと
【まずバンドの現状がどうなっているのかを分析しよう】
それを今の段階で世に出すのがベストなタイミングだろうか?
・メンバーの力量、
・これからの観客動員の増え方、
・季節、
・無料配布用かオーディション応募用か、
「費用対効果」
 「このバンド、応募するには早い ->(曲は良いけど演奏力が伴ってない)」
 「このバンド、応募しても遅い ->(演奏力があっても年齢の割りに動員が少ない)」
「ミュージックだけどビジネス」

成功するバンド活動の仕方1 ミュージックだけどビジネス

成功するバンド活動の仕方1 ミュージックだけどビジネス

成功するバンド活動の仕方


成功するバンド活動の仕方1 -「ミュージックだけどビジネス」-(1年でメジャーデビューする方法)
成功するバンド活動の仕方2. -「趣味」か「投資」か?-(1年でメジャーデビューする方法)

バンドでメジャーデビューする方法1
バンドでメジャーデビューする方法2
バンドでメジャーデビューする方法3

オーディションに合格するデモテープの作り方特集


デモテープの作り方4 -レコーディングの時間と費用-
デモテープの作り方5 -バンド録音-

オーディション用デモテープの作り方–まとめ1–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ2–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ3–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ4–
オーディション用デモテープの作り方–まとめ5–
オーディションに合格する方法1 ~まずはデモテープの審査方法を知る~