音楽専門学校の選び方

音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より移行中です。

あ:それで、PAエンジニア(音響)に興味のある私はどうしたらいいんでしょうか。。。

師:まずは、
   ・本やネットで調べる
ステージ&ライティングの現場volume05 照明、美術、音響プランナーが明かすステージの魅力…/リットーミュージック出版部


   ・ライブハウスで実際に働いている人や、専門学校・スクールの
    体験入学やオープンスクールで直接プロの人に聞いてみるのが一番。
   ・ライブハウスで何かバイトしてみる。

  何も知らないと不安じゃろ??
り:そりゃそうっス。
け:知らないから、思い切って目指せる、というのもあるかも。。(^_^;)

師:とにかく、事前に「自分の将来の仕事」について、真剣に調べることじゃ。

ま:それで、私はどうしたらいいんでしょうか。。。
師:音楽専門学校では入学時に「○○科」「○○コース」のような形で方向性を
    決めなければいけないが、ほとんどの子は、「その仕事が
  どんな仕事なのか」をまったく知らずに来る。

    だから、最初の2週間くらいで「なんか違うかも」
  と気づく子も少なくない。

わ:学費を払ってしまった後でそれはキツイっすね。
ま:ボーカルは?
:「何も楽器ができないからボーカル」
  「カラオケ好きだからボーカル」という気楽な子

   が目立つな。でも、「お手本」がある曲をカラオケで歌うのと、誰も聞いたことがない新曲を
   「自分の歌」として作っていくことは、全く別物なんじゃ。
り:でも、メロディーに歌詞をつければ「歌う」ことはできるような。。
わ:そうか、ベートーベンやモーツアルトの有名な曲でも、指揮者やピアニストによって
    雰囲気が全然違うもんな。
ま:ピアノでも習って練習すれば、誰でもそこそこ難しい曲も弾けるようになるけど、
   プロ人からは特に気迫というか、グっと迫ってくるものがあるしね。。
師:同じ譜面でもちょっとした解釈しだいで曲の印象はガラっと変わるし、
   何よりも演奏者の内面・人間性や「メッセージ性」は小手先の技術ではカバーできんよ。
:「説得力」ってやつですね。ボーカルではなおさらか。肉声だもんな。
ま:アタシの人間性なら最高だと思うけど!
わ:もう誰もコイツを止められない。。。
師:声も楽器演奏も起点は「筋肉を自由自在に操れるかどうか」じゃからな。
   アスリートと同じで、練習で鍛えられたボーカリストの声は、引き締まってキレがある。
   まずはそこまで持っていくことじゃな。
ま:アタシ毎日4時間カラオケ行ってるよ!
り:曲選んでしゃべって順番待ちで、結局自分が歌ってるのは30分くらいだけどな。。。
ま:う。
師:専門学校も似たようなもんじゃがな。
    1クラス8人としても一人1曲歌ったら40分たってしまうからのぉ。
わ:なるほど。やっぱり「鍛える」ところは個人練習なんですね。
師:授業は「自分の現状を先生に指摘してもらって、
    次の練習のアイデアをもらう場」くらいじゃな。
ま:ピアノも確かに週一回30分のレッスンだったけど、毎回「次までに練習してきてね」って言われたなぁ—。
り:授業に出るのは当たり前。
  でもそれだけじゃ上手にならない、
ってことか。
師:まぁ普通、仕事といったらどんな仕事でも月曜日から金曜日まで毎日8時間くらいい
   じゃから、プロのミュージシャン=
    人前で毎日8時間以上演奏して(聞かせて)
  お金を稼ぐ
人、ということになるな。。。
け:毎日8時間???
り:30分くらい練習して「指痛ぇ」とか言ってる場合じゃないぞ!
アキ:個人練習の時間はさらに別ですよね?
師:そりゃそうじゃ。誰がそんなものにお金を払ってくれるんじゃ!
    でも、本番でお金を払ってもらえるような演奏をするためには、
    相当な個人練習が欠かせないのぅ。
    中国の京劇(古典劇)は厳しい練習で有名じゃが、こんなことわざがあるぞ。
    「練習を1日休むと自分が分かる。
     2日休むと共演者に(演技が下手になっていることが)気づかれる。
     3日休むと観客が怒り出す」
ま:怖~っ!
わ:やっぱり楽譜も読めた方がいいんですか?
師:読めなくても、「一回耳で聞いただけですぐに全く同じように歌える」「完璧にハモれる」
   くらいのことができれば結構乗り切れるが、読めた方が良いに越したことはない。特にプロの
   世界ではハーモニーやコーラスワークが大事なんじゃが、全く譜面を考えないと効率が悪い。
   1-2年がんばって勉強すれば、「初見バッチリ」までは行かなくても、メロディを追っかけたり、
   メロディをピアノでゆっくり確認したり、くらいはできるようになる。
   この後、60歳まで40年くらい働こうと思ったら、それぐらいはやっておくもんじゃな。
ま:ハーモニーということは、コードの勉強も必要ってことか。。。
師:最低限で十分じゃがの。まぁ「プロのミュージシャン」として恥ずかしくない程度にな。。
け:ギター科とかは?
り:お、いつの間に復活?
師:半分は専門学校に入る時にギターを買うような子じゃな。
   残りは「高校時代にバンドやってた」くらいで、たまに少し上手な子がいるくらいじゃな。
け:ホっ。
ま:あはは、いきなり安心してる。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽専門学校の選び方3 学費どうする?
  -音楽専門学校の奨学金- 

※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より移行中です。
  
わ:新聞奨学生とか聞いたことあるけど。
ま:新聞小学生??新聞をよく読む小学生?
わ:「奨学生」-住み込みで新聞配達で奨学金を稼ぐやつ。
り:朝早そー!
師:まぁワシの知っとる限りでは9割ぐらいは挫折しとるがな。
   深夜一時か二時くらいからチラシの折込を始め、配達が終わったら
   朝六時。9時に学校に着いて、夕方まで授業。人によっては夕刊配達
   や集金もあるし、自由に休める訳でもないからな。
   奨学生といっても、立派に仕事だから、やり抜けば相当な自信になると
   思うがのぅ。。。
あ:大変そう。。。
ま:挫折って?
師:1年生の9月くらいから学校に来なくなるか、配達がキツくて奨学生の方を
   辞めるかじゃな。どっちにしろ、かなりの精神力があるか、しっかり「目標」を
   持ち続けるかしていないと、続けるのも奨学生を辞めた後、立て直すのも難しいのぅ。
わ:「目標」かぁ。
ま:「目標」ねぇ。。
あ:「目標」。。。
り:。。。あれ?ケンジは?
ま:あっちで暗~くなってますがな。。。
師:まぁ誰にとっても2年間の長さは同じじゃ。スタートの時点で何も知らないことも。
   じゃが、その2年間で実力をつけ、経験を積み、しっかり音楽業界に潜り込む子もいれば、
   華々しくデビューする子もいる。一方でほとんど学校にも来ず、経験も積めず、
   卒業せずにフリーターになるか、卒業しても実家に帰るだけの子も多い。
わ:音楽専門学校卒じゃぁ、音楽業界以外への就職は不利なのかな?
あ:最近は普通の高校でもコンピューターの授業とかあるけど。
師:音楽業界といっても楽器を弾く仕事ばかりでもないからのぉ。
   むしろ楽器を弾く仕事の方が少数で、それをサポートしていく仕事の方がずっと多い。   ディレクターやプロモーター、CD販売やWebサイト管理などいろいろな仕事がある。
   それらの仕事だと、ワード、エクセルでの資料作成やイラストレータ、フォトショップ
   などでのデザイン的な作業もある。社会人として電話やメールでビジネス会話ができなければ
   仕事にならないし、大手レコード会社では、社員の7割はCDのプレス工場でプレスや組み立てを
   する人だったりする。広告・放送も音楽業界とはつながりが深いし、音響機器や楽器メーカーだけでなく、
   最近ではアップルのようなコンピューターや携帯電話会社も音楽と密接な関係になってきた。
ま:ふーん。
わ:裏方かもしれないけど、確かに音楽聴くのってほとんどiPhoneかiPodだし。
り:CM音楽の仕事ってどんなのかなぁ?
あ:デザイン系の仕事もおもしろそうだけどなぁ。
師:いろいろ興味が出てきたじゃろう。TVやCMの映像に音を貼り付けるMA(エムエー)なんて仕事も
   ある。デザイン系では最近電子書籍が注目されているので、出版業界でも文字と写真だけでなく、
   映像や音響をプラスしたマルチメディアクリエイターが求められている。
ま:ハイパーメディアクリエイター?
わ:うーん、単語だけで食いついてきたな。。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽専門学校の選び方2
   -音楽専門学校を考える-


※このカテゴリは姉妹ブログ「1年でメジャーデビューする方法」より、移行中です。
----------—-@師匠のスタジオ----------—-
け:師匠!ち~っす!
師:よく来たのぅ。おお、大勢じゃな。
わ:いきなり「師匠」?
け:ライブハウスのマスターもPAさんも「師匠」って呼んでたんで。。
師:どちらもワシの教え子じゃからのう。
ま:へぇ~、じゃぁ本当に先生なんですね。
師:学校に限らず、個別にコンサルティングもしているからのぅ。
   いろんな形での教え子たちが、いろんな場所で活躍してるのは嬉しい限りじゃ。。
け:師匠!お土産です!
師:おぉ、若いのに気が利くのぉ。やっぱり舟和の「芋ようかん」は絶品じゃ。。
り:け、やるな。。。
わ:いや、なんかマスターに「あの人は甘いものにめっぽう弱い」って教わったらしいぜ。。            
り:なんだそりゃ。。。

【PAエンジニア(ホール音響)になるには?】


師:それで、今日は何を聞きに来たんかのぉ?
あ:実は、PAの仕事に興味があって、でも、どんな仕事かも知らなくて。。。
師:まぁそんな子ばかりじゃからな。普通普通。あせる必要は無いよ。。
   でも、音楽の専門学校は2年で200万円近くかかる。
け:えっ、そんなに?(汗)
わ:お前が知らなかったの?
け:そ、それぐらいは知ってたさ。。。。。
り:「バイトしとけばなんとかなる」って言ってなかった?
あ:下宿することも考えたら朝から晩までバイトしてなきゃね。。
ま:そしたらいつ学校行くの?
け:意外と鋭いな、マイコ。
わ:授業以外でも練習とかライブとかしないとしょうがないしな。。。
け:え、学校でやったらいいんじゃないの?
り:さすがに学校だけじゃ厳しいんちゃう?
あ:け、練習嫌いだしね。。。
け:う。。。

【音楽専門学校の授業料、1コマいくら?】


師:ちなみに「授業1コマあたり何円?」って考えたことはあるかな?
わ:いくらぐらいなんだろう?
あ:1日に授業は50分授業が4コマくらい?
ま:授業は週に5日で5日×4コマ=20コマ。
り:1年は52週だけど、夏休み冬休み春休みがあるから、、、授業があるのは30週くらい?
け:20コマ×30週で、、、、俺ムリ。
わ:あきらめるな!け!割り算はムリでも掛け算くらいがんばれ!
ま:どんな励ましやねん。。。
あ:1年の授業料100万円を、年に600コマで割るってことは、1万円で6コマだから、
   1コマあたり1,666.666円か。
り:さすが!
ま:結構高いね。アタシのバイト時給の2倍か。
わ:授業受けなきゃモッタイナイな。
あ:このブログには、音楽の仕事がしたい!デビューしたい!という皆さんが音楽専門学校に入る前に、もっと音楽の仕事について知ってもらうための記事がたくさんありますので、しっかり読んでくださいね。
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! = 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~
音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事を知ろう① -まずはやりたいことを見つけよう-
音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
音楽の仕事を知ろう④ -プロのミュージシャンになるには?-

後悔しない音楽専門学校の選び方1
-まずはやりたいことを見つけよう-


※本記事は音楽業界(裏方)志望者向けブログ「音楽の仕事!」より移行中です。

ま:そろそろ進路相談の時期だよね~。ダル~。みんなはどーすんの?
あ:いや~まったく考えてないわ~。言うても大学行けるほど頭良くないしな~
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
あ:コラ!そこ!力強く頷かない!
わ:アキぐらいだったら行けるんじゃね?最近少子化だしな。
あ:大学行って「何がしたい」ってのが無いんだよね~。
り:確かにそうだなぁ。うーん。
あ:コラ!そこ。。。は、みんな同じか。。。
け:俺はプロのギタリストとしてデビューして、
   ロック☆レジェンドになるんだ!
ま:は?あったまおかしんじゃない?
わ:こないだのライブもお客さん、メンバーより少なかったじゃん。
け:グサっ。
ま:まぁメイクの時間より練習の時間を増やした方がいいかもね。。
け:グサグサっ。
あ:うらやましい。。。
ま:え?
あ:ケンジがうらやましいな。。。「やりたい!」ってものがハッキリしてるっていいな。。。
け:ま、まぁさ。俺なんてアホだし、他にできることなんて無いしな!
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
ま:アタシもこの美声とこの美貌があれば、ヴォーカリストとして世界制覇も夢ではないわね–。。
あ:あれ?マイコ、どうしたの?
わ:なんか変な影響受けてるな。急激に。
け:よし、マイコ!俺と組んで世界に羽ばたくか!
ま:もっと上手い人がいい。
け:グサグサっ。
り:確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
あ:マ、マイコ。。。い、意外と冷静ね。。
わ:マキ、なんかやってみたいことないのか?
ま:実は、ライブ会場で機械触ってるのカッコいいな、って思ってるんだけど。
け:PA(ぴーえー)さんだな。
ま:音響の人?難しそう。。。。
り:あーゆーのって音楽専門学校とか行くんでしょ?
あ:あ!
ま:なになに?
あ:リョウが初めて「確かにそうだなぁ。うんうん。」以外のセリフをしゃべった!
り:そこかい!
わ:まぁ音楽の仕事って裏方も入れたら相当いっぱいあるらしいしな。
ま:とは言え、親にそんな事言ったら、、
   「芸能界なんてケシカラン!」とか
   「華やかな世界で変な虫がつく」とか、、、
ま:「アーチストでお前なんか成功するわけがない」とか
    「若いうちだけだ」とか、、、
け:「ミュージシャンなんて収入も不安定」とか
    「お前のの実力じゃ無理」とか、、、
り:最後のは確かにそうだなぁ。うんうん。
け:ヲ、ヲイ!リョウ!
わ:正直、音楽の仕事がどんなもんなのか
   ぜんぜん知らないしな。。。
あ:説得するにしても、あまりにも知らなさ過ぎる。。。
ま:アタシの才能には誰も気づいてくれないし。。
り:あいつは放っておこう。。
け:オホン!実は、こないだライブハウスでメジャーのレコーディングしてたって
    エンジニアの人を紹介してもらったんだんだ。。
あ:へぇー、そんな人いるんだ~?
わ:実際、音楽業界の人なんて会ったことも無いしな~。
け:その人なら何か教えてくれるかも。
ま:その人ならアタシの才能を見逃すはずがないわ。。。(キラーン☆)
り:あいつは放っておこう。。
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! = 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~
音楽の仕事を知ろう
後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽の仕事がしたい!
デビューしたい!


レコーディングエンジニア・プロデューサーとして、また専門学校講師として
そういう想いを強く持っているたくさんの人たちに会ってきました。
・ミュージシャンになりたい
・作詞家になりたい
・CM作曲家になりたい
・プロデューサーになりたい
・エンジニアになりたい
そのほか、音楽業界にも多くの仕事があります。
しかし、ほとんどの人が
「その仕事はどんなことをする仕事なのか」を全く知らない。
・知らないまま、100万円近くの大金を払って専門学校の○○科に入ってしまう。
  →「思っていたのと違う!」
   →数ヶ月で辞めていってしまう。。。
という人があまりにも多い。
そもそも「○○科」を間違えて入ってくる人も少なくない
非常にモッタイナイ。
このブログでは夢を持つ皆さんに
・音楽の仕事の中身を知ってもらい、
目標をハッキリさせ、
・夢を実現させる
ことができればと考えています。
ただし、まず知っておいてもらいたいのは
音楽の仕事がしたい人」はとても多いが、「音楽の仕事(求人)」は少ない
 →倍率が高い、競争が激しい
  →収入が少ない、
   「競争に勝つ」ための実力と努力が必要
ということです。
「音楽の」ではありますが、あくまでも「仕事」だということです。
目標がハッキリしている人にはヤリガイがあり、楽しい(時もある)仕事でもあります。
たとえ求人倍率が20倍(合格率5%)の狭き門でも、99%の人は
・何も知らない
  →適切な努力の仕方も分からない
    →実力もつかない
の状態なのです。
このブログを読んで、実行していけば、
「音楽の仕事をする」のは決して夢物語ではありません。
音楽専門学校に入学する前に、ぜひ読んでみてください。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-