中古楽器を処分する

楽器買取 出張査定
楽器買取 出張査定

コロナで外出自粛している間に、部屋を片付けたり断捨離をする人が増えましたよね。古くなった楽器を処分したり、ヤフオクやメルカリなどで売った、という人も多いようです。

ライブやコンサートが出来なくなり、プロのミュージシャンだけでなく、吹奏楽部やブラスバンドなど学校の部活にも影響が出ていましたよね。

楽器の練習を始めたり、動画配信を始める人も増えた

一方、この自粛期間中、「楽器を購入して新たに習い始めた」という人もものすごく増えたそうです。手軽なウクレレなんかは特に売り切れになって、楽器の工場もコロナの関係でストップしていた関係で、半年ぐらい在庫がなくなってました。楽器屋さんも非常に困っていたようです。

  • こんな時こそ、
  • 楽器をしっかりとメンテナンスして、
  • 練習を積み重ね、
  • いろんな人とオンラインでコラボしたり、
  • 作詞や作曲などの創作をしたり
  • 自宅でレコーディングをしたり
  • 動画を作成してネット配信したり

するチャンスの時期です.

個人でも動画配信やMP3の世界販売が可能になった

最近ではニコニコ動画や YouTube に「歌ってみた」や「演奏してみた」などで曲や動画をアップロードする人も増えていますし、ツイキャスで生配信したり、チューンコアのようにレコード会社に頼らず、個人でも楽曲を世界中に販売することができるようになりました。

コロナは世界中で広まっていて、第2波第3波によるロックダウンなどもあり、世界中でオンラインの動画や音楽の視聴者数や再生数も激増していますので、ミュージシャンやクリエーターにとって「新たなチャンスの時代」だとも言えます。

古い楽器や音響機材を地元のリサイクルショップで買取してもらうと悲惨

趣味で音楽をやっている人の中には、本業で残業が減ったり、休業になって収入が減ったり、引っ越しのために古い楽器や音響機材を(一部)処分しなければいけないという人も多くなっているようです。

でも、こういう時に、中古の楽器を地元のリサイクルショップ、ブックオフやハードオフに持って行ってしまうと、その楽器の歴史や価値を知らない店員が査定するので、あまりいい買取価格を付けてくれない場合があります。

さらに、こういった地元のリサイクルショップでは、買い取った後にメンテナンスが全くできませんし、どんな楽器かも知らなければどんなニーズがあるかも知りません。そうなると、「この楽器って、、買取したあと、売れるのか?」に全く自信がないので、当然、買い取り査定もまず期待できません。

中古楽器や音響機器の買取には楽器買取専門店がおすすめ

そこで、中古楽器や音響機器の買取には、そういった楽器や機材に対して、しっかりと知識や技術のある楽器買取専門店をお勧めします。

でも、、そんなお店、東京や大阪の大都市にしかないんじゃないの??

大丈夫です。

実は、ネットや電話から申し込めば、最短30分で日本全国あなたの

に無料で出張して、査定や買取をしてくれる楽器買取業者さんがあります。「年間買取1万件を突破」しているという人気のショップで、かれこれ10年も続いているそうですから、すごいことです。

こういう楽器買取専門の業者さんであれば、楽器の価値も正しく把握していますし、必要であればメンテナンスも可能です。買い取った後の販売ルートも当然持っていますし、オークションなどで販売する場合にも、適切な説明をつけて、適切な梱包をして販売をしてくれますよね。

「あなたの大事な楽器をお任せして安心」だというのが、嬉しいところです。出張買取出張査定だけでなく、店頭買取や宅配買取にも対応しています。

ネットオークションは手間もかかるし送料もかかる

ヤフオクやメルカリなどのネットオークションでも、ネットでの中古楽器の買い取りショップでも、郵送や宅配便で送る場合には「送料」がかかってしまいますよね?大きさや重さにもよりますが、送料って馬鹿にならないですし、梱包もまた一手間かかります。

このページで紹介している楽器買取専門店なら、出張で買取に来てくれますからそういった費用や手間がかかりませんから、簡単で、しかも結果的にお得になるかもしれません。

現金買取で入金が早い

さらに基本的に「その場で現金化してくれる」という支払いの速さ、現金買取してくれるのもメリットです。ネットでの宅配買取業者は、

  1. 査定が出るまでに一週間
  2. 査定額にOKを出してから、さらに支払いまでに2日から2週間かかる

ことが多いです。

買取してくれる楽器の種類

買取してくれる楽器の種類は 

  • DJ 用のターンテーブル
  • ドラムなどの打楽器 
  • エレキギター
  • エレキベース
  • アコースティックギター
  • サックスやフルートなどの木管楽器
  • トランペットやトロンボーンチューバユーフォニウムなどの金管楽器
  • バイオリンなどの弦楽器
  • アコーディオン
  • シンセサイザーなどの電子楽器
  • レコーディングや PA の危機 

など多彩です。最近では超簡単なLINE見積もりなどもはじめたようなので、試してみては。

世界中で飛ぶように売れている中古ピアノ買取はピアノ専門業者に

アコースティックピアノ、アップライトピアノやグランドピアノは重量物で、持ち上げること自体が大変なので、ピアノ買取専門の業者に依頼するしかありません。ちなみに今、日本の中古ピアノというのは世界的に非常にニーズが高くなっています。

20-40年ほど前に製造された日本製のヤマハや河合、スズキのピアノというのは、品質が高く、材料も最近のコスパ最優先のピアノよりも良いものを使っていて、世界中のピアノ業者から圧倒的に高く評価されています。

南北アメリカ大陸や東南アジアなど経済発展が著しく、これからピアノ教育が盛んになろうとしている地域で、飛ぶように売れています。そのため驚くほど高く買取査定をされているんです。

(実際にアメリカの楽器店経営者とお話しましたが、一つのお店で一台50-200万円もするアコースティックピアノが一ヶ月に20台くらい売れるんだとか。すごいですよね。)
タ○モトピアノさんなんかも「テレビCMバンバン流して大丈夫かな??」と不安に思ってるかもしれませんが、買い取ったピアノはメンてが必要なものはメンテしてますが、ほとんど右から左へ海外に輸出してるんです。「子供のころ習ってたアップライトピアノが実家にあるなー」というあなた。本当に今がチャンスです。

 

値段がつきにくい電子ピアノやオルガン。エレクトーン

一方、今のところ、残念ながら買取の値段がつかないのが電子ピアノやオルガン、エレクトーンです。上記の楽器専門業者でも買い取ってもらえないそうです。それぞれ電子ピアノもエレクトーンも、時代に合わせて最新式のものが発売されてきましたが、それだけに古くなったものは陳腐化してしまうんですよね。スクールでも教えられないですし。さらに場所をとるし、メンテナンスが難しいわりに、特に電子ピアノなどは新品でもそこそこ安く購入できるので、あまり中古楽器にニーズがないということもあります。

 

中古楽器をなるべく高く売却する3つのコツ

中古楽器をなるべく高く売却するためには、3つのコツがあります

  1. やっぱり見た目を綺麗にしておくということです。ちょっとしたクリーニングをしてあげるだけでも買取価格が高くなる場合があります。
  2. マニュアル、ACアダプター、ケーブル、箱やケースなど、付属品をなるべく揃えておくというのもとても重要です。やっぱり全部揃っていれば、次に買う人も安心安心して購入できますからね。
  3. そして不要になったら、なるべく早く売却する、査定に出す、というのがおすすめです。古くなれば古くなるほど傷んでしまい、基本的には古ければ古いほど型落ちで価値が下がってしまうのが世の常です。
    もちろんビンテージ機器のように、古くなって後から価値が出るものもありますが、非常に限られていますので、あてにしないことをお勧めします。