印税の記事

作曲家は「曲(メロディーだけ)を作る」仕事。


【作曲家と編曲家の区別】


ポップス/ロックでは、作曲家は「曲(メロディーだけ)を作る」仕事。
一方、バック(カラオケ)は、主に「編曲家(アレンジャー)」が考え、スタジオミュージシャンが演奏したものをレコーディングスタジオでレコーディングします。作曲家と編曲家、両方やっている人もいますが、別々の仕事ですし、作曲家が印税で収入を得るのに対し、編曲家は「1曲いくら」のギャランティー制と、大きく異なりますので、まずはこの区別をハッキリさせましょう。
作曲家はジャンルとクライアント(アーチストに提供するのかCM、TVのBGMか)などに
よって仕事の範囲が変わるので、いくつかに分けて説明する。
少なくとも、皆さんがベートーベンなどに持っているような「うーん」と唸って
ピアノに向かい、「1年に一曲名曲ができれば」、、などというノンビリした仕事では決してない。

【作曲家の待遇】(ここは作詞家と同じ)


・音楽出版社・作家事務所と契約するか、フリーランス。
・月給は無い。(逆に時間の拘束もされない)
・曲が採用されれば約半年後、印税のうち半分が音楽出版社に抜かれ、残りが振り込まれる。
  ※印税については別途まとめて紹介します。

【作曲家の仕事ぶり】


1.新曲の発売が決まると音楽出版社や作家事務所に「コンペ」のお知らせが来る。
  締め切りは3~7日。倍率は20倍以上。
2.あなたのケータイかメールに音楽出版社・作家事務所からコンセプトなど情報が来る。
3.デモテープを作る。基本的に使われるのはメロディーだけなのだが、
 バック(カラオケ)も含めてガッチリ作らないと採用される確率は低い。
 現在では打ち込み(MIDI)とある程度の宅録(ProToolsなど)で音楽的な
 内容だけでなく、音質的にもクオリティの高いものを作れないと競争に勝てない。
4.締め切りまでにCD-Rやメールで提出。
くわしくは CDができるまで1もご覧ください。

【作曲家になる方法】


・日本では著作権があるのはメロディーだけで、バック(カラオケ)に著作権は無い。
 なので、本来、メロディーさえ作れれば誰でも作曲家になることができた。
 事実、理論にそれほど詳しくない作曲家・アーチストも少なくない。
 (もちろんプロとして最低限のことは知っているが)
 アコギ片手に鼻歌をカセットテープに録音すれば済む時代もあった。
・ しかし、現在は誰でも自宅のパソコンでクオリティの高いデモテープを作れる時代。
 バック(カラオケ)をカッコヨク、かつ短時間で作るには楽器演奏力と理論が
 欠かせない。最近はポップスでも音大卒の作曲家が増えてきた。
 ある程度キーボード(ピアノ)が弾けないと打ち込みのスピードは上がらない。
 ギターが弾けるとなお良い。
・締め切りが短く、採用されなければ一銭にもならない。採用されても一曲数千円~数万円。
 そのため、とにかく「早く」「たくさん」「質の良いものを」書く必要がある。
 最低月に4曲は完全なデモテープが作れなければならない。
 慣れるしかない。とにかくたくさん作っておくこと。 
・既成曲をよく研究する。
 メロディーは既成概念に縛られたくは無いが、理論は経験の積み重ね。
 既成曲の分析をたくさんこなし、新しいサウンドも常にチェックしておく必要がある。
・上記のように不安定で収入も少ない。
 作曲家のアシスタント・ローディー、通信カラオケや着メロ製作、
 ミュージシャンとしてツアーサポートなど、副業も確保しておく必要がある。
・ まず1ヶ月で100曲書く。
 最初のうちは自分の好きな既成曲のイメージなどがあり、「そんな風にしたい」という
 邪念が混じる。メロディーとコードだけでよい。そんな邪念も30曲くらいでネタ切れになる。
 100曲過ぎた頃からが本当のあなたの作品になってくる。
・ 良い曲を選ぶ-----曲は「作り捨て」
 マイケル・ジャクソンもあの異常に多忙な中、毎年50曲は作っていた。(週に1曲)
 (絶対音感があったので、紙と鉛筆があれば飛行機の中でも作曲できたのは有利)
 アルバムは5年に一枚くらいしか出していなかったので、250曲の中から約30曲を
 レコーディングし、そのうち10数曲を発表していた。
 さすが「キング・オブ・ポップ」–クオリティの高さは「選ぶ」ところに始まっていた。
 
 誰でも「良い曲を作ろう」と思って作るが、いつでも名曲が作れるわけではない。
 どんなに唸っても1ヶ月、1年かけても1発で大ヒット曲を作るのは無理だ。
 1.とりあえず1日1曲、超簡単に10分くらいで簡単なリズム(テンポ)、コード、メロディー
   だけのデモを作っておく。メロディーはフルートやサックスなどの音色で代用する。
   これは何があっても毎日やる。以下の作業とも平行してやる。
 2.1ヶ月たったら30曲できる。その中から2-3曲ベストのものを「選ぶ」。
   他は捨てる。
 3.選んだ2-3曲を1曲1週間で完成度の高いデモテープを作る。
   打ち込み~必要ならギターや仮ボーカルの録音~ミキシングまで。 
・音楽出版社・作家事務所のオーディションに応募する。(レコード会社でも可)
 上記の方法で作った完成度の高いデモが30曲くらいになったら、
 更にその中からベストのものを2-3曲選んで応募しよう。
 ただし、レコード会社に応募しても、あなたが直接契約するのは、紹介された
 音楽出版社・作家事務所になる。
「デモテープの作り方」は別途紹介予定。


作曲本 ? メロディーが歌になる ? [楽譜]

作曲本 ? メロディーが歌になる ? [楽譜]
価格:1,890円(税込、送料別)


【送料無料】楽しく学べる作詞・作曲

【送料無料】楽しく学べる作詞・作曲
価格:1,890円(税込、送料別)


【送料無料】DTMで作曲をはじめよう! [楽譜]

【送料無料】DTMで作曲をはじめよう! [楽譜]
価格:1,260円(税込、送料別)

【送料無料】DAW作曲&トラック制作ビギナ-ズ・バイブル

【送料無料】DAW作曲&トラック制作ビギナ-ズ・バイブル
価格:2,100円(税込、送料別)





【作曲家になりたい人のためのブログ】

作曲家の仕事(ポップス)
作曲家の仕事(ポップス)–よくある質問1
作曲家の仕事(ポップス)–よくある質問2
音楽の仕事!TVや映画音楽の作曲家になる方法①
CDができるまでの流れを知ろう② まずはメロディーだけ 作曲家の仕事

——————————————–

プロのミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作への道は、無料の資料請求からスタート!

ビジュアル・クリエイターを目指すなら!

デジハリ・オンラインスクール

東京や大阪に行かないと、音楽やダンス・声優の勉強はできない?
あきらめないで!ここで探してみよう!

全国最大級6万件の資格・講座・スクール情報掲載のグースクール

楽器、DTM、DAW、レコーディング、宅録、PA、照明機器のまとめ買いなら、たいていサウンドハウスが最安値
サウンドハウス
音と光の国内最大総合デパートサウンドハウス

作詞家は「決定した曲(メロディー)に歌詞をつける」仕事。
そう、メロディーが先に決まっているので、文字数やリズム、イントネーションの高低はメロディーに従う必要がある。
・メロディーは変えてはいけない
・アーチストのイメージを生かす
・季節や舞台、テーマは細かく指定されることもある。
・CMなら商品名を連呼することも
・アニメ主題歌ならストーリーも脚本に従う
たくさんの制約があるが、この制約を「楽しむ」くらいでないと作詞家にはなれない。
【待遇】
・音楽出版社・作家事務所と契約するか、フリーランス。
・月給は無い。(逆に時間の拘束もされない)
・詞が採用されれば約半年後、印税のうち半分が音楽出版社に抜かれ、残りが振り込まれる。
  ※印税については別途まとめて紹介します。
【仕事ぶり】
1.曲が決定後、音楽出版社や作家事務所に「コンペ」のお知らせが来る。
  締め切りは1~3日。倍率は20倍以上。
2.あなたのケータイかメールに音楽出版社・作家事務所から連絡が入る。
3.作曲家の簡単なデモテープ(と時には譜面やコンセプト資料)を取りに行く。
 今はメールなどで済む場合も。
4.締め切りまでにFAXやメールで提出。
5.場合によってはレコーディング時に待機し、歌いにくいところなどその場で修正することも。
【なるのに必要なもの】
・締め切りが短く、採用されなければ一銭にもならない。採用されても一曲数千円~数万円。
 そのため、とにかく「早く」「たくさん」「質の良いものを」書く必要がある。
 知人の作詞家は「1曲20分で書く」と言っていた。
 「作詞家になりたい」と専門学校に入っても、2年で10曲も書かないのでは話にならない。
 友達のバンドに歌詞を提供するなど実戦経験も大事。
・既成曲をよく研究する。
 韻、比喩、暗喩、小道具、表現方法、心理など先人の技術を盗みながら、
 一方で、使い古された言葉を簡単に使ってしまわないよう注意する。
 新しい作家には最低限の技術とともに、「新しい言葉」「新しい表現」が求められる。
・「物書き」である以上、正しい日本語を知り、古典小説などをしっかり読んでおく。
 人間として自分を磨き続けないと、「表現したいもの」が無くなってしまう。
・「新しいもの、新しい言葉」に常にアンテナをはりめぐらせる。
・上記のように不安定で収入も少ない。
 ほとんどの作詞家はライターなどの副業をしている。
 「物書きとして何か表現し続けていないと死んでしまう!」というような人が多い。
・歌い方を説明するために、譜面の音符にあわせて歌詞を書き込む必要があることも。
 「メロディーを聞きながら、譜面を追える」程度には音楽の知識が必要。
・「言葉のプロ」としての知識
 例えば「高い音でイ段は出しにくいがア段は出しやすい」など。
 イントネーション辞典、同義語類義語辞典、韻を踏むための逆引き辞典も
 普段から見ておこう。
・1ヶ月で100曲書く。
 最初のうちは自分の好きな既成の歌詞のイメージなどがあり、「そんな風にしたい」という
 邪念が混じる。そんな邪念も30曲くらいでネタ切れになる。100曲過ぎた頃からが
 本当のあなたの作品になってくる。
・音楽出版社・作家事務所のオーディションに応募する。(レコード会社ではない)
 「既成曲に自分で詞をつけたもの」が100曲くらいになったら、ベストのものを2-3曲
 選んで応募しよう。

>

【作詞家になりたい人のためのブログ】

作詞家の仕事
作詞と作曲はどちらが先?

【作曲家になりたい人のためのブログ】

作曲家の仕事(ポップス)
作曲家の仕事(ポップス)–よくある質問1
作曲家の仕事(ポップス)–よくある質問2
音楽の仕事!TVや映画音楽の作曲家になる方法①
↓ プロの ミュージシャン/バンド/ボーカル/作詞作曲編曲/ディレクター/音響エンジニア/
声優/Webデザイン/DTP/グラフィック/編集ライター/映像制作 への道は、無料の資料請求からスタート!
スクール・講座一括無料資料請求
リッスンジャパンは5万以上のアーティスト 40万曲以上の楽曲を簡単検索、全曲無料試聴!
リッスンジャパンで試聴&ダウンロード
サウンドハウス
音楽ブログランキングへ Top 100 Music