音楽業界に就職する方法の記事

音楽の仕事!
楽しいけれど、楽じゃない
 ~3つの「楽」~

音楽の仕事、楽ですか?


わ:そういえば、みんな、なんで「音楽の仕事がしたい」って思ったの?
ま:音楽が好きだから?
り:なんか楽しそうじゃん!
あ:なんかみんなでワイワイやってる感じ?
け:ミュージシャンだったら、年に一回アルバム出して、
  大きなところでコンサートやって、たまにテレビ出演して、、
  あとはウヒャヒャヒャ。。。
ま:なんか目がヤラシイ。。。
あ:でも、師匠の話を聞いていると、音楽の仕事って結構大変そうよね。。
わ:「徹夜続きでシンドイわ~」って言ってることも多いけど、
り:でも、なんかエンジョイしてるよな。。
け:ひょっとしてマゾ?
ま:そーじゃないでしょ!
--------------------
け:師匠~、音楽の仕事って、楽ですか?
師:めっちゃシンドイに決まっとるじゃろっ!(>_<)
り:あ~ぁ、やっぱりシバカれた。。。
師:みんな勘違いしてるんじゃが、
  音楽の仕事の現場では、楽しいこともたくさんもある。
  でも、決して「楽(ラク)」ではないんじゃ。
ま:ですよね~♪
わ:分かってるのか、コイツ?
師:例えば裏方の作曲家・編曲家・レコーディングエンジニアなんかじゃと、
  ・作業時間は長い。
  ・睡眠時間は短い。
  ・無茶苦茶なリクエストをされる。
  ・時間・締め切りは異常にタイト。(TVのBGMだと、「3日で20曲」ということも)
  ・給料・ギャラは安い。
  ・好きでもないジャンルの仕事もやらねばならん。
  ・コンペ(競争)だと、採用されなければ何曲作っても一銭も入らん。
  ・機材やプラグインやらサンプルCDやらで、お金はかかる。
    Etc.etc…
  PA(音響)エンジニアや照明スタッフだと、
  ・朝は早くから搬入、夜遅くまで撤収。
   当然その後、倉庫に戻って機材片付け・翌日の準備。。
  ・ツアーで6ヶ月くらい家に帰れない。。
わ:完全に3Kの雰囲気ですね。。
あ:シンドそう。。。
け:みゅ、ミュージシャンはそんなことないでしょ?
師:同じようなもんじゃぞ。
  ・急遽エキストラ(代打)になり、2日で20曲覚えなアカン
  ・前日、急にキーが変わった(T_T)
  ・ライブ(本番)では死んでも間違えられない(そんな人には仕事が来ない)
  ・といって「ただ弾く」だけではライブ・エンターテイメントは成り立たないので、
    他のミュージシャンとアイ・コンタクトをとったり、客をアオったり、
    振り付けも覚えたり。。。
  ・衣装も気を使わないといけないし、メイクが必要な場合もある。
    Etc.etc…
  
わ:け、結構大変そうですね。
ま:なんかイメージと違う。。。
師:そりゃ、エンタテイメント産業であり、ショービジネスじゃから、
  そんなバタバタしているところを客に察せらるようではアカンのじゃ。
け:俺、シンドイの無理っス。
師:ま、そういう奴は結局、
   (音楽に限らず)何やっても続かないのぅ。
け:がーん。
師:音楽の仕事の現場では、楽しいこともたくさんもある。
  でも、それは、テレビを見たり、漫画を読んで「楽しい」というのとは、
  次元が違うんじゃ。
ま:違うんじゃ!
わ:だいたい、
  「なんとな~く、ヘラヘラ~っとやって、ラク~にやって楽しい」
  なんてすぐに飽きちゃいます
よね。。
師:音楽の仕事は、せっかく就職しても、半年~1年以内に辞める率が5割。
  エンジニアなど、裏方だと残念ながら8割ぐらいじゃ。
あ:そ、そんなに。。。就職の競争倍率だって相当高いのに。。
ま:もったいないね。。
わ:想定が甘いのか。。?
り:それとも。。?

音楽の仕事は「楽(らく)」ではない。だから「楽しもう」


師:「シンドイ。
    →シンドイからこそ楽しもう。
     →めっちゃシンドかったらトコトン楽しまなきゃ損!」
  
  という人だけが、音楽の仕事を続けていられるようじゃな。。。
あ:ただ「音楽が好き」っていうだけじゃダメなんですね。。
り:そりゃぁ、お客さんじゃなくて、「人を楽しませる」側なんだから、
わ:「トコトンやってトコトン楽しむ」人でないと続きません!
ま:音楽専門学校に入る前によ~く考えましょう

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽の仕事をするためには、
  音楽をたくさん聴いておこう


【音楽人になるためには、音楽をたくさん聴いておこう】
ま:今回は、音楽の仕事がしたい!という方
あ:デビューしたい!という方に
わ:大事なお知らせです。
り:音楽に関わる仕事に就きたい人は大勢います。
け:全国から音楽好きな人が集まってくるわけです。
ま:ただ音楽好きなだけでなく、「仕事にしたい」と思うわけですから
あ:音楽に詳しい人が集まってくるわけです。
り:あ、別に音楽理論に詳しいという意味ではありません。
わ:いろんなジャンルの音楽を知っている、とか、
け:ロックについてなら誰にも負けない、とか。
ま:皆さんが就職したりデビューしたりした後、現場で出会う音楽業界の方々は、
あ:当然、皆さんより年上です。
わ:だから皆さんより古い音楽も聴いているし、たくさんの音楽を聴いています。
け:そんな音楽業界の先輩方と一緒に仕事をしていくためには、
り:古今東西の音楽を、とにかくたくさん聞いておくことが必要です!
わ:知っている音楽の幅が狭いと、
-----—小芝居----------
ま:(ディレクター風)
   「いやー、●●ちゃん、こんどの曲、’70年代っぽくしたいんだけどさぁ~」
あ:(若手 編曲家風)
   「済みませ~ん。1992年生まれなんで、’70年代なんて知りません。」
ま:(ディレクター風)
   「え?あ、そう。じゃぁ、今度の仕事は先輩の××さんに頼むことにするよ」
-----—小芝居----------
り:てなことになりかねません!
け:「’70年代っぽく」が
  「ボサノバっぽく」とか
  「ビートルズっぽく」とか
  「アリスっぽく」とか
  「テクノっぽく」とか、、、
あ:実際、その時の仕事によって何が出てくるか分からないわけです。
わ:マイコはCDどれくらい持ってるの?
ま:さ、30枚くらいかな。。
わ:そ、それって「普通の人」だよね。。
り:それで音楽の仕事をするのはツライな、きっと。
け:どれくらい聞いておけばいいもんですか?
師:「これだけ聞いておけば十分」という基準は無いが、
  プロの業界人だと家中CDが溢れてるような方も少なくないのぅ。
ま:家中~っ?
師:そこまで行かなくても、
  せめて「身の丈」くらいはCDを聞いておこう。
あ:聞いたCD(1.2mm)を積み重ねて身長の高さになるくらい?
わ:となると、俺は身長175cmだから1458枚?
師:まぁそんなもんじゃな。
ま:最近は公共の図書館でもCDが借りれます。
  また、たいていの音楽専門学校は学生ならCDが無料でレンタル
  できるので活用しましょう♪ 
【消費者としても音楽を支えよう】
け:音楽の仕事がしたい!人の中には
  CD製作・販売に関わる仕事がしたい!という人も多いと思います。
ま:しかし、日本レコード協会による
  音楽ソフト生産金額(レコード/CD/DVD)は、
  1998年の607,494百万円=6074億円 をピークに、
  2010年の283,612百万円=2836億円 と約半分に減少しています。
り:「えぇ~?
   そんなの音楽ダウンロードに流れてるだけじゃないのぉ~」
   と思うでしょう?
あ:こちらも日本レコード協会によると
  2005年に34,283,009千円=342億円だったのが
  2010年には85,990百万円=859億円に2.5倍増していますが、、
ま:あれ?
  CD/DVDは3000億円も減っているのに、
  音楽配信は500億円しか増えてない?

わ:つまり、
  「音楽業界全体が縮小している」ということです。
け:、、、ということは
  「音楽の仕事も減っている」ということ。
ま:、、、ということは
  「アタシがデビューできるチャンスも減っている」ということ?
  「デビューしても売れる枚数が減っちゃう」ということ?
り:そうならないためには、
   みんなでCDを買おう!
あ: 違法コピーは絶対に許さない!
【コピーと携帯プレーヤー】
師:特にCD-Rへコピーした場合、音質は元のCDの50-60%程度にガタ落ちじゃ。
  CD-RWにコピーしても、再生できるかどうか。
わ:エンジニア志望・クリエイター志望なら、絶対に元のCDを聞かなきゃダメですね!
け:iPhoneやiPodはどうですか?
師:iPhoneやiPodでは、音声データを圧縮して保存する。圧縮率は
  1/5~1/50までさまざまじゃ。圧縮技術はこの10年で大幅に進歩したが、
  「耳に聞こえやすい帯域は聞こえやすくなった」というところじゃな。
り:分かりやすく言うと
  「音質の変化・劣化がバレやすいところはガンバりました」ってとこ!
ま:ここも
  エンジニア志望・クリエイター志望なら、極力低圧縮、できれば非圧縮.wav
  などで聞かなきゃダメですね!
わ:ちなみに、たくさんのCDを収納するなら、このCDラック!
ま:うわぁ~♪お店みたい♪
け:普通の本棚じゃぁ厚みがありすぎるので、これならスッキリ!
あ:しかも、上のほうに比べて、下のほうが奥行きがあるので、安定感もバッチリ!
り:これでCD1688枚を大量収納。棚板も調整できるのでDVDも収納OK!


音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

音楽の仕事がしたい!
デビューしたい!


レコーディングエンジニア・プロデューサーとして、また専門学校講師として
そういう想いを強く持っているたくさんの人たちに会ってきました。
・ミュージシャンになりたい
・作詞家になりたい
・CM作曲家になりたい
・プロデューサーになりたい
・エンジニアになりたい
そのほか、音楽業界にも多くの仕事があります。
しかし、ほとんどの人が
「その仕事はどんなことをする仕事なのか」を全く知らない。
・知らないまま、100万円近くの大金を払って専門学校の○○科に入ってしまう。
  →「思っていたのと違う!」
   →数ヶ月で辞めていってしまう。。。
という人があまりにも多い。
そもそも「○○科」を間違えて入ってくる人も少なくない
非常にモッタイナイ。
このブログでは夢を持つ皆さんに
・音楽の仕事の中身を知ってもらい、
目標をハッキリさせ、
・夢を実現させる
ことができればと考えています。
ただし、まず知っておいてもらいたいのは
音楽の仕事がしたい人」はとても多いが、「音楽の仕事(求人)」は少ない
 →倍率が高い、競争が激しい
  →収入が少ない、
   「競争に勝つ」ための実力と努力が必要
ということです。
「音楽の」ではありますが、あくまでも「仕事」だということです。
目標がハッキリしている人にはヤリガイがあり、楽しい(時もある)仕事でもあります。
たとえ求人倍率が20倍(合格率5%)の狭き門でも、99%の人は
・何も知らない
  →適切な努力の仕方も分からない
    →実力もつかない
の状態なのです。
このブログを読んで、実行していけば、
「音楽の仕事をする」のは決して夢物語ではありません。
音楽専門学校に入学する前に、ぜひ読んでみてください。

音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-